乾燥肌対策には加湿器が必需品

世の中、乾燥肌で悩んでいる人はたくさんいると思います。

 

特に、最近では自分の周りでも、乾燥肌で悩んでいる人が多く見受けられます。

 

中でもどちらかというと女性の方が乾燥肌になりやすいのではないでしょうか。

 

また、乾燥肌は季節によってもなりやすい時となりにくい時があります。

 

どんな季節に乾燥肌になりやすいかというと、1番は冬です。

 

最近の部屋の中には、暖房が備え付けられている家が多いですよね。

 

ですから、冬になると、暖房を常に付けている状態が続くと思います。

 

そうすると、暖房の温かい風が肌に直接当たったりして、それが原因で乾燥肌になってしまう人がいます。

 

しかも、暖房をつけていると1番困るのが、湿度が低くなってしまうことです。

 

もちろん外の環境にもよるところではありますが、基本的には暖房をつけていると部屋の湿度は下がっていきます。

 

なので、そのようなところでは加湿器を置くことをオススメします。

 

この加湿器が乾燥肌対策にもつながっていくわけであります。

 

乾燥しやすい時期には加湿器をこまめにつけた状態にしておくことで、肌がいい感じに保湿されていきます。

 

なぜなら、部屋の湿度を上げることができるからです。

 

特に寝ている時なんかに、部屋全体が乾燥していると、朝起きた時に肌がカサカサになってしまう恐れがあります。

 

肌が乾燥していることで化粧のノリも悪くなってしまいますので、冬は特に注意が必要です。

 

というわけで、乾燥肌でお悩みの人は、まずは加湿器を購入することを検討してみて下さい。

保湿も足し算と引き算が大事

乾燥肌を意識したのは、20代後半からです。

 

たまたま使った洗顔料が合わず、それ以降肌が突っ張るようになり、意識しなかったスキンケア方法を見直すきっかけになりました。

 

最初はとにかく保湿しまくり、洗顔料での洗顔から水洗顔にしていたのですが、雑誌やネットの情報によると、保湿のしすぎは湿疹などトラブルの可能性があり、乾燥が気になるからと言って水洗顔だけなのは、不要な角質や皮脂を落とし切っていない上に化粧水などを足していくことになり、毛穴が詰まって吹き出物の原因になるとのこと。

 

つけるケアも大事だけど、落とすケアも同じくらい大事なのだそうです。

 

それを踏まえて現在は、朝は洗顔料で洗顔→化粧水→朝用保湿クリーム、夜はクレンジング+洗顔→導入液→化粧水→2日に1度シートマスク→夜用保湿クリーム、に行きつきました。

 

保湿クリームはしっかりとした物を使うべきだと思い、保湿クリームのランキングから上位の物をピックアップして購入しました。

 

化粧水も夏用と冬用を買い分けるようになりました。

 

落とす物は落とし、朝はさっぱり、夜にしっかり保湿を意識。

 

春、夏は上記で過ごしますが、冬はさらに、部屋に絞った濡れタオルを掛けるようにしています。

 

加湿器が無くてもこれで十分、必要な湿度は保てるそうです。

 

寒い時期の風邪予防になりますし。

 

そしてこれも冬だけなのですが、ヒアルロン酸のドリンクを取っています。

 

おやつはマシュマロを多めに(マシュマロの原料のゼラチンがコラーゲンなので)。

 

肌の表面だけでなく、内側から乾燥しにくい体にしていば、少しは違うような気がして。

 

色々試したのでどれが効果があったのか分かりませんが、今の所は、20代後半に感じた程の肌のツッパリ感はないですね。

乾燥がひどい場合は加湿器を利用

エアコンや空調での暖房の部屋は特に乾燥します。

 

私は乾燥がひどすぎて、静電気をよく起こしています。

 

自宅なら、ある程度調節できますが、職場だとそうもいきません。

 

さらに、パソコンを使っていたので、乾燥はひどいものでした。

 

静電気が身体に帯びてしまうため、ドアノブに怖くて触れません。

 

ビリッという衝撃が怖いからです。

 

そのため、いつも手を濡らしてからか、服の上から触るようにしています。

 

ドアノブ以外にも、人に触っても静電気が生じることがあります。

 

相手の人は、すごい衝撃に悲鳴を上げています。

 

申し訳ないと思いながらも、どうすることもできずに悩んでいました。

 

そんな時に、部屋が乾燥しすぎるということで、加湿器が導入されました。

 

私は特に乾燥肌だったので、私の近くに加湿器を置いてもらいました。

 

それからは、湿度も適度に良くなっていきました。

 

ただ、パソコンには、湿気は大敵です。

 

そのため、パソコンに蒸気が当たらないようにするのが大変でした。

 

自宅でも、加湿器を導入しました。

 

肌の乾燥以外にも、鼻にも影響が出ていたからです。

 

それに、乾燥しすぎた環境は、風邪を引きやすくなります。

 

職場のような、人がたくさんいる場所では、すぐに風邪が蔓延してしまいます。

 

お風呂の中は、いつも湿度いっぱいで、お肌も鼻の調子も良くなります。

 

お風呂の中と同じ環境は、部屋では再現できにくいですね。

 

しかし、加湿器で湿度を調整すれば、暖房器具で乾いた部屋も、ずっと快適になると思います。

更新履歴